お菓子のレシピ

【バナナのオートミールマフィン】粉砕なしでもちもち!混ぜて焼くだけの簡単スイーツ

バナナのオートミールマフィン

オートミールを使ったバナナのオートミールマフィンのレシピです。

オートミールは、タンパク質、食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富で、低糖質、低GIなヘルシー食材。

そのまま食べるのは苦手ですが、お米の代わりにしたり、小麦粉の代わりにお菓子作りに使って食べています。

そんなわたしがよく朝ごはんやおやつ用に作るのがオートミールマフィン。

以前かぼちゃのオートミールマフィンのレシピをご紹介しました。

今回は熟したバナナがあるときに作るバナナのオートミールマフィンをご紹介したいと思います。

前回同様、材料を順番に混ぜていってオーブンで焼くだけの簡単レシピ。

もちもちで、バナナの香りがほんのり美味しいマフィンが出来上がります。

それでは、簡単で美味しいバナナのオートミールマフィンの作り方をご紹介します!

バナナのオートミールマフィンの材料

バナナのオートミールマフィン
材料
  • オートミール・・・150g
  • プレーンヨーグルト・・・125g
  • 牛乳・・・25g
  • 卵・・・1個
  • バナナ・・・1本
  • ベーキングパウダー・・・5g
  • はちみつ・・・30g
  • アーモンドスライス・・・お好みで

はちみつを砂糖に替えてもOKです。

今回は、完熟バナナを使ったのではちみつの量を少なめにしました。

バナナの甘さやお好みに応じてはちみつの量を変えてください。

直径6センチのマフィン型で6個できます。

バナナのオートミールマフィンの作り方

①卵、ヨーグルト、牛乳を混ぜる

バナナのオートミールマフィンの作り方①
  • ボウルに卵を割り入れてよく混ぜる
  • ヨーグルトと牛乳を加えてさらに混ぜる

②バナナを入れて混ぜる

バナナのオートミールマフィンの作り方②
  • バナナを適当に切って入れ、フォークでつぶしながらよく混ぜる

③オートミールとベーキングパウダーを入れて混ぜる

バナナのオートミールマフィンの作り方③
  • ②にオートミールとベーキングパウダーを加えてさらによく混ぜ合わせる

こんな感じに全体になじめばOK。

バナナのオートミールマフィンの作り方③

ここまで、すべてフォークを使って混ぜました。

混ぜにくいな、という場合は泡だて器やシリコンヘラを使ってくださいね。

④マフィン型に入れてオーブンで焼く

バナナのオートミールマフィンの作り方④
  • 生地をマフィン型に入れる
  • (お好みで)アーモンドスライスを乗せる
  • 180℃に予熱したオーブンで30分焼く

*オーブンの機種やマフィン型の大きさによって焼き時間が異なるので調整してください。

⑤出来上がり

バナナのオートミールマフィンの作り方⑤
  • 焼きあがったら粗熱を取って出来上がり!

*シリコン製の型を使ったので、型から出して粗熱を取りました。

サイズは違いますが、こんな感じのシリコン製のマフィン型を使っています。

重ねて収納できるので便利ですよ。

 

モチモチ食感!バナナのオートミールマフィン

バナナのオートミールマフィン

バナナの香りがほんのり!やさしい甘さのオートミールマフィン。

オートミールを粉砕せずに使っているので、もちもちです。

お好みでチョコチップやクルミなどを入れても美味しいですよ。

おやつや朝ごはんにぴったりです

オートミールのマフィンにおすすめのオートミールはどれ?

おやつや朝食にぴったりのオートミールを使ったヘルシーなマフィン。

マフィンを作るのに適したオートミールは、ロールドオーツかクイックオーツ。

ロールドオーツは脱穀したオーツ麦を蒸して平らに伸ばし乾燥させたもので、ロールドオーツの粒を細かくしたものをクイックオーツと呼ぶそうです。

マフィンを作るときは、どちらのタイプでも粉砕せずにそのまま使うことができますよ。

わたしはクイックオーツを使うことが多いです。

最近ではいろんなメーカーのオートミールがありますよね。

いろいろ食べ比べてお好みのものを見つけてみてください!

オートミールを使ったマフィンはもちもちで食べごたえもバッチリ。

バターやオイル不使用でヘルシーなのでおすすめです。