おかずのレシピ

【無水ポトフ】コンソメ不使用!素材の旨みたっぷりの簡単ストウブレシピ

ストウブで作る!無水ポトフ

ストウブを買った人が必ず作るといってもいい料理、無水ポトフ

一般的にポトフを作るときはコンソメで味付けをすると思いますが、なんと、ストウブを使えばコンソメを使わずに美味しいポトフを作ることができます。

調味料は少量の塩のみ

ソーセージと野菜から出た旨みで、とっても上品で濃厚なポトフができあがります。

それでは、さっそく作り方をみていきましょう。

*今回使用したストウブ鍋は、ピコ・ココット ラウンド(以下、ラウンド)20cmです。

 

無水ポトフの材料(ストウブ・ラウンド20cm使用)

ストウブで作る!無水ポトフ
材料(2人~4人分)
  • じゃがいも・・・中4個
  • 玉ねぎ・・・2個
  • にんじん・・・2本
  • キャベツ・・・4分の1
  • ソーセージ・・・2~4本
  • 塩・・・適量
  • オリーブオイル・・・適量
  • ローリエ・・・1枚

分量は材料のサイズによって変わります。だいたいの目安にしてください。

その他、野菜は、キノコ、カブ、白菜、セロリなど、お肉は鶏肉、豚肉、ベーコンを入れても美味しいですよ。

何を入れてもOKですが、鍋いっぱいに材料を入れるのがポイントです!

無水ポトフの作り方(ストウブ・ラウンド20cm使用)

ストウブで作る!無水ポトフ

①下ごしらえ

  • ジャガイモは大きめに切る
  • 玉ねぎは芯の部分を残して4つに切る
  • にんじんはジャガイモの大きさを目安に切る
  • キャベツは芯を残して4つ切りまたはその半分にする

②ストウブに材料を入れる

ストウブで作る!無水ポトフ
  • ストウブにオリーブオイルを入れ、玉ねぎ、キャベツ、にんじん、ジャガイモをどんどん入れていく
  • 塩を少々(3~4つまみ)ふりかける
  • 野菜の上にソーセージ、ローリエをのせる

*鍋の八分目からフタがギリギリしまるくらいを目安に!

③フタをして煮込む

  • フタをして中火にかける
  • フタの間から蒸気が出てきたら、弱火にする(心配ならここで一度フタを開けてなべ底をざっくり混ぜてもOK)
  • 弱火で30分ほど加熱(ふたは取らない!)

④味を調節して余熱調理

ストウブで作る!無水ポトフ
  • 30分ほどたったらふたを開けてみる(水分がたっぷり出ています!)
  • 味を見て、塩味が足りないようなら塩を加える
  • さらにスープが欲しい場合はお好みの量の水を入れてひと煮立ちさせる
  • フタをして余熱調理

⑤出来上がり!

ストウブで作る!無水ポトフ

アツアツを召し上がれ!

ポイント

  • フタを取るときは蒸気を鍋に戻すように注意!
  • 途中でフタを開けたくなっても、じっと我慢!
  • 塩味はソーセージによって変わるので、最初は少なめに入れておく
なべ底が焦げるのが心配な場合は、最初にコップ半分弱の水を入れてスタートしてもOK!

今回使用した鍋!ストウブ ピコ ココット ラウンド

ストウブ ピコ ココット ラウンド 20cm

ストウブの特徴はフタ。

しっかりと閉まる重たいフタ、そしてフタについた突起により材料の旨みを含んだ蒸気が鍋に戻り、素材の旨みが引き出されるんだそうです。

ストウブの機能のおかげで、ほんの少しの塩だけで美味しいポトフができちゃうんですね。

コンソメを入れないのに、野菜とソーセージから出た旨みでコンソメよりも美味しく出来上がります。

玉ねぎとキャベツは少しトロトロになりますが、ジャガイモやニンジンが煮崩れないのが特徴です。

ストウブで作る無水ポトフは濃厚で美味しい!

ストウブを買った人が必ず作ると言っても過言ではない定番料理ポトフ。

野菜を大きめにカットして、塩を軽く振り、ストウブに入れて火にかけるだけ。

こんなに簡単なのに、誰でも美味しくできちゃうんです。

コツは途中でフタを開けないことくらいですかね。

コンソメを使わず素材の旨みがしみだした無水ポトフは、「簡単に作れて、美味しく、からだにもいい!」といいことづくめのお料理です。

普段はラウンド20cmで作っていますが、たくさん作るときにはブレイザー28cmで作ることもあります。

お鍋に残ったスープは、旨みがたっぷりなのでコンソメ代わりに使えます!

冬の定番料理!無水ポトフ、ぜひ作ってみてくださいね★